研究内容

2019年度学位論文研究 修士論文

Tensorコアを用いたRandomized SVDの実装と評価 (大友 広幸)

本研究ではTensorコアを用いた高速かつ省メモリなRandomized SVDを開発しその評価を行った.
はじめにTensorコアを用いるためのAPIの構造の解析を行い,高速かつ省メモリにTensorコアを用いるためのAPI拡張の開発を行った. つぎにこれを用いてTensorコアを用いたTSQRの開発を行い,その計算精度と計算性能の調査を行った. 実装したTSQRでは入力行列の列数に制限があるため,これを複数回用いることで任意の大きさのQR分解を行うBlockQRを実装しRandomized SVDへの適用を行った. BlockQRではNVIDIAが開発している既存実装と比較し最大99.8%のメモリ消費を削減でき,4倍以上の計算速度の向上が確認された. Randomized SVDではNVIDIAが開発している既存手法での実装に対し精度の劣化を抑えつつ省メモリかつ高速に計算可能であることが確認された.


▲クリックすると拡大されます

強化学習における好奇心駆動探索手法の高速なGPU 実装 (桑村 裕二)

強化学習は環境とエージェントの相互応答の繰り返しによって学習を行う機械学習の手法の一つだが、学習に膨大な時間がかかることが知られている。CuLEは代表的なプラットフォームであるAtari emulatorをGPU上で実行させることにより学習時間を大幅に削減させた。学習アルゴリズムにはV-trace Actor Criticが使われているが、Atariに対して高いスコアを実現させている統合型Q学習アルゴリズムRainbowとのスコアの統一的な比較は十分にされていない。そのため、本研究ではRainbow含め他の学習アルゴリズムとのスコア比較を行った。また、探索手法として高分散に適したコンパクトな設計であるRNDとの統合を行い、統合前後での学習スコアの差異を基に、探索手法の選定の必要性について考察を行った。


▲クリックすると拡大されます

Efficient library for hierarchical low rank approximation (Peter Spalthoff)

Dense matrices have a quadratic memory complexity and many operations on them have cubic scaling. This makes them prohibitively expensive for large scale operations. In many applications (covariance matrices, BEM...) a substructure of low rank blocks is found. This substructure can be exploited to create an efficient compression of the matrix, called hierarchical low rank approximation. On the resulting so-called Hierarchical Matrices, which only have linear storage complexity, all arithmetic operations (multiplication, inversion...) can be defined. These operations are also much faster with cloes to linear complexity. We are working on a modern, flexible library with distributed memory parallelization on heterogeneous nodes.


▲クリックすると拡大されます

 

2019年度学位論文研究 学士論文

確率的重み付け平均法のラージバッチ学習における有用性の検証 (所畑 貴大)

学習によるラージバッチ学習では、バッチサイズの増加と共に汎化性能が劣化する問題が経験的に知られている。本研究では、この問題を解決するために確率的重み付け平均法(Stochastic Weight Averaging ; SWA)に着目した。SWAは学習中にモデルのパラメータを定期的に抽出しそれらを平均化する手法であり、汎化性能の劣化の原因と考えられているSharpな解への収束を防ぐ効果が期待できる。本研究ではSWAをラージバッチ学習に適用することで汎化性能の改善効果を検証した。また、SWAを利用した並列深層学習手法であるSWAP(Stochastic Weight Averaging in Parallel)にも着目し、SWAPとラージバッチ学習における標準的な最適化手法の一つであるLARS(Layer-wise Adaptive Rate Scaling)を組み合わせた手法を提案及びその汎化性能の改善効果を検証した。


▲クリックすると拡大されます

情報行列を用いた深層ニューラルネットワークの汎化誤差推定 (星野 華)

近年,理論的観点,そして経験的観点から多くの汎化指標が提案されている.本研究では情報行列を用いた深層ニューラルネットワーク(DNN)の汎化指標,広く使える情報量基準(WAIC)に着目した.WAICは2010年に提案された汎化指標であるが,これの計算に必要なDNNにおける事後分布の推定が計算量とメモリ量の観点から困難なため,今まで大規模なDNNに用いた報告が未だなされていない.一方,近年急速に発展を遂げた情報行列の高速な近似手法と効率的な近似ベイズ推論手法を組み合わせることで,これらの問題を解決し,WAICを近似的に評価する方法を提案した.この近似的に推定されたWAICと,同じく情報行列を用いた汎化指標であるEmpirical TICをケンドールの順位相関係数で評価することで大規模な設定における有効性を検証した.


▲クリックすると拡大されます

 

2018年度学位論文研究 修士論文

畳み込みニューラルネットワークにおける低精度演算を用いた高速化の検証 (長沼 大樹)

Verification of speeding up using low precision arithmetic in convolutional neural network

The recent trend in convolutional neural networks (CNN) is to have deeper multilayered structures. While this improves the accuracy of the model, the amount of computation and the amount of data involved in learning and inference increases. In order to solve this problem, several techniques have been proposed to reduce the amount of data and the amount of computation by lowering the numerical precision of computation and data by utilizing the CNN's resistance to noise.

However, there is a lack of discussion on the relationship between parameter compression and speedup within each layer of the CNN.

In this research, we propose a method to speed up the inference by using half precision floating point SIMD instructions, by applying low precision to the learned model, in addition to reducing the data of the CNN model, and speeding up data access for layers that are computation-bound.

We examined the influence of CNN recognition accuracy, the speedup for each layer, and its reason, when we apply our method.


▲クリックすると拡大されます

大規模並列深層学習のための確率的最適化に基づいた目的関数の平滑化 (長沼 大樹)

Smoothing of the Objective Function in Stochastic Optimization for Large Scale Parallel Deep Learning

Classical learning theory states that when the number of parameters of the model is too large compared to the data, the model will overfit and the generalization performance deteriorates. However, it has been empirically shown that deep neural networks (DNN) can achieve high generalization capability by training with extremely large amount of data and model parameters, which exceeds the predictions of classical learning theory. One drawback of this is that training of DNN requires enormous calculation time. Therefore, it is necessary to reduce the training time through large scale parallelization. Straightforward data-parallelization of DNN degrades convergence and generalization. In the present work, we investigate the possibility of using second order methods to solve this generalization gap in large-batch training. This is motivated by our observation that each mini-batch becomes more statistically stable, and thus the effect of considering the curvature plays a more important role in large-batch training. We have also found that naively adapting the natural gradient method causes the generalization performance to deteriorate further due to the lack of regularization capability. We propose an improved second order method by smoothing the loss function, which allows second order methods to generalize as well as mini-batch SGD.


▲クリックすると拡大されます

2018年度学位論文研究 学士論文

帯域幅最適なGPU間AllReduce通信の階層化 (上野 裕一郎)

本研究では,データ並列・同期型分散深層学習で,損失関数のパラメータによる勾配の平均値を求めるために用いられるAllReduceと呼ばれる集団通信アルゴリズムに着目した.この通信は,MPI(Message Passing Interface)の集団通信の仕様に含まれているが,分散深層学習で用いられる大きなメッセージサイズの通信は,従来のHPCアプリケーションで使用されてきた通信とは異なり,未だ研究が不十分である.既存研究として,階層化を用いることで通信を改善できることが知られているが,どのような階層化が最適かは十分に調べられていない.本研究では,産総研「ABCIグランドチャレンジ」プログラムにより提供を受けた,AI橋渡しクラウド(ABCI)の計算リソースを用いて,網羅的に階層化通信の性能を評価した.


Yuichiro Ueno and Rio Yokota, "Exhaustive Study of Hierarchical AllReduce Patterns for Large Messages Between GPUs", in IEEE/ACM International Symposium in Cluster, Cloud, and Grid Computing (CCGrid 2019).


▲クリックすると拡大されます

SiameseNetworkによる筆者識別 (郭 林昇)

本研究では2入力間の特徴量を学習するSiameseNetworkと呼ばれる深層学習モデルを用いて筆者識別タスクを行うモデルの生成を行なった。NISTデータセットから取り出した筆者ごとの手書き数字を用いてモデルの学習を行い、同じくNISTデータセットから作成したテストデータに対して筆者識別タスクが可能であるモデルの生成に成功した。精度の検証も行なったが、クラス数の少ない場合には高い精度での識別が行えていたが、クラス数が多くなると精度が下がる傾向があり、内部表現の分割等による正則化を行い精度向上を目指すことが今後の課題である。


▲クリックすると拡大されます

自然勾配法に基づくベイズ的深層学習に関する研究 (中田 光)

深層学習における変分事後分布に正規分布を仮定した変分推論では,変分事後分布の共分散行列の大きさがニューラルネットワークのパラメータ数に依存して大きくなるため,計算量やメモリ容量の観点からパラメータ間の相関を考慮した変分事後分布の推定は困難とされてきた.自然勾配法の効率的な近似手法であるK-FACを変分推論における最適化に用いたNoisy K-FACは,大規模なニューラルネットワークにおいても層ごとのパラメータの相関を考慮した変分事後分布の推定を可能とし,学習が汎化することが示されている.本研究ではNoisy K-FACに着目し,既存研究では明らかにされてこなかった、変分パラメータの探索にMCVIを適用した場合の検証を行なった.


▲クリックすると拡大されます