横田理央研究室では世界最大級のスパコンを用いて
大規模深層学習や大規模行列計算の研究をしています

研究室レベルでは世界最大級の計算資源を活用し、分散並列深層学習の最先端の技術を開発しています。
また、計算量・メモリ・I/Oなどを削減するアルゴリズムの研究なども行っています。

ニュース

2022.06.13 Qianxiang Maさん(D2)とSameer Deshmukhさん(D3)の研究がSC22に採択されました
2022.05.29 Muhammad Ridwan Apriansyahさん(D2)の研究がACM TOMSに採択されました
2022.03.04 中村秋海君(B4)が情報処理学会 第84回全国大会にて学生奨励賞を受賞
2022.03.03 Edgar Martinez Noriegaさん(ポスドク)、高島空良君(M1)、張新宇君(M1)と産総研の共同研究がCVPR2022に採択されました
2022.02.28 大友広幸さん(D2)の研究がIJHPCAに採択されました
2022.02.01 星野華さん(M2)の研究がICRA2022に採択されました
2021.09.17 理研AIPのEmtiyaz Khan先生との共同研究プロジェクトがCRESTに採択されました
2021.07.23 岩瀬駿君(卒業生)の研究がICCV2021に採択されました
2021.04.13 中田光君(卒業生)の研究がCVPR2021 Workshop CLVISIONに採択されました
more info.

横田研究室に所属するには

情報理工学院 情報工学系 情報工学コースになります。


» 詳細を確認する

階層的低ランク近似

密行列の演算は境界積分法を用いた偏微分方程式の解法や統計学や機械学習における畳み込みの計算など様々な場面で用いられている。

» 詳細を確認する

深層学習への応用

NVIDIAやGoogleの低精度演算用ハードウェアにみられるように深層学習は高い精度を必要としない。

» 詳細を確認する